早朝のピーンポン・・・

トミーが家出したのが金曜日の朝だった。その日は、何だか呆気にとられていたこともあり、家中に呆然とした雰囲気が立ちこめていたのだ。

cyanさんが帰宅してからは「これではいけない!!」と思い、残された4人で散歩へ出掛けた。海の風が心地よく、気分も晴れやかになったのが嬉しい。帰る頃には、「アイスでも買ってく?」ということになり、アイスを買ったり、翌日はトミーが苦手だから食卓に登場しない「鶏肉系の料理にでもしようか?!」とさーちゃんが言った。「なら、ケンタッキーがいいな!」とcyanさんも便乗。皆、突然、居なくなったトミーのことを胸に思いながらも、それぞれの想いを抱きながらも、「前へ進もう」そんな気持ちが行動や言葉に表れていた。

しかし、トミー家出事件の物語りはここで終わりではなかったのだ。

土曜は休みなので、一連の疲れもあり、いつもは5時台に起きるもちゃこも、6時に起きるcyanさんもこの日はぐっすりと寝ていた。前夜のお散歩もまた眠りの効果を上げたのかもしれない。そんな時、私は眠たい目を擦りながらも「そろそろ」と起き上がり何とか着替えた。すると、その時である。

ピーンポン。呼び鈴が鳴った。

「こんな時間から誰だろう?」「郵便じゃない?!」既に起きていたがパジャマ姿のcyanさんと、かろうじて着替えてはいるがスッピン、ボサ髪のもちゃこは顔を見合わせた。そして、次の瞬間。cyanさんはが囁くような小さな声で「おじいちゃん・・・」と言ったのだ。

(おじいちゃん・・・?)(トミーか?!来たのか!)私はビックリしつつも、冷静を装いドアを開けた。するとそこには、

「オラも仲間に入れて下さい」と言い佇むトミーの姿があった。

そこからは、旦那君、さーちゃんも起きてきて、トミーを囲うように皆が座った。さーちゃんは「心配したんだから・・・」と目に涙を浮かべている。トミーの話によると、一旦、自宅まで200キロの距離を車を走らせ帰ったトミーは、寝酒を浴び、ぐっすりと寝たらしい。目が覚めるとスッキリした脳とは引き換えに、「早まった!」という急に家を出たことへの後悔の念が生まれ、再び、車を走らせること200キロ。こうして、今、戻ってきたということらしい。

本当は、朝の5時前には近所に到着していたがさすがに寝ていると思い、7時を過ぎるまで呼び鈴を鳴らすのを我慢したとのこと。その間は、朝食を食べたり、公園を散歩したりしていたとか。70過ぎのじーさんだけど、凄いパワーだと嫌味ではなくある意味、感心した。

で、この後、どうなったかって??これで終わらないのがトミー。そう間も空けず、事件が起きることをこの時の私達はまだ誰も知らなかったのだ。

 

 

 

 

 

同居生活、わずか1週間目に事件発生!!

同居生活が1週間を過ぎた頃のある朝、事件は起きた。なんと!トミーが家出したのだ!!

同居生活にも少しずつだけど慣れようと、家族皆が互いに気遣いをしながら過ごしていた。無論、誰しもがストレスを抱えている。それは当然のことであるし、同居前からある程度は覚悟していたので、「慣れるかしかない」「時間が解決してくれる」そう念じながら、ただただ淡々と日常を送ることを心掛けていた。だって、そうでしょう。どんなに嘆いたところで、同居生活はスタートを切った訳だし。

よやく少しずつだけど、家族のペースが分かり始めた頃に突如としてトミー家出事件は起きたのだ。

朝、cyanさんを見通しの良い通りまで送りつつ、私はその足を少し伸ばし、近所の24時間営業のスーパーに立ち寄る。これが同居生活が始ってからのもちゃこの習慣になっていた。今はコロナのこともあるし、朝に必要な物だけをササーっと買うのはなかなかプラスだ。朝早くのスーパーはお客さんとスタッフ合わせて5人位。空いてるのも良い。そして何より、cyanさんを送ったその足で直帰したくないのも本音である。

 

その日の朝もいつもの如く、cyanさんを送り、ちょこっとスーパーで買い物をし、帰宅した。すると、目に入ってきたのはトミーのマスク姿。

(こんな早くから散歩に行くのかなぁ)と呑気に思っていると、突如、トミーが言った。

「帰らせてもらいます。」

えっ???今何て言った??私がポカンとしていると、続けてトミーは「お世話になりました」と言い、荷造りをし始めたのだ。

さーちゃんと旦那君の方を見ると、二人共、疲れきりそして、呆れた表情をしている。

経緯を聞くと、昨晩、トミーと旦那君が意見の相違から軽い言い争いをした。でも、これはいつものことで、結婚前からそんな感じなのだからごく日常的なことだ。

しかし、トミーはそのことで一睡も出来ず、情けなくなり、気分も最悪なので、家へ帰ると言うのだ。*ちなみに、義理父母は自宅は残したまま同居を始めたので家に戻ることは可能なのである。

 

旦那君はトミーに謝罪をしたが、トミーの気持ちは変わらないようだった。私も旦那君の姿を見て、そうすべきだと思ったので、謝罪をした。「気遣いが出来ず、すみませんでした」と。

しかし、その5分後位に、トミーは逃げるようにこの家を出て行ったのだ。

さーちゃんは「一緒に行くか?」と聞かれたらしいが、「私は残る」と言ったらしい。今、一緒に戻っても喧嘩になるだけだと判断したらしい。

トミーが去り、あっけに取られた私達は、リビングに呆然とし座っていた。

本当、何が起きたのか?!頭が回らない。

 

約200キロの距離を車を走らせ帰宅したトミー。逃げるように家を出たトミーの背中に思ったことは(運転、気を付けて下さいね。高齢者なので・・・)ただ、それだけだ。

 

皆が「頑張ってやっていこう」と前向きに生活を送ろうとしていた中での突然のトミーの家出。

 

さーちゃんは「何か、スーッとした気持ちなのは何でかな」とつぶやくように言ったその言葉が静かな家に響いた。

 

cyanさんには帰宅後、「おじいちゃんが家に戻った」と隠さず(隠しようがないけど)伝えた。cyanさんは「そうなんだ」とだけ一言つぶいた。子どもなりに、孫なりに思うことはあったと思うけど、ただ一言、そう言った。

 

しかーし!!このトミー家出事件はこれでは終わらなかったのだが、この時の私達はあまりの急展開に誰も次なる展開を予想もしていなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

同居メンバー紹介⑤

そして、そして、同居家庭内、最底辺に生息中。こうしてネット上に拠り所を求め、日々、憂さ晴らしを試みるもちゃこ。ギリ30代の主婦。

ヘタレな賑やかしの称号の持ち主。ポケモン好きなcyanさんからは「ママはポケモンに例えると、そーだなぁ。ヤドン!」と言われる程、反応が遅いらしい・・・。寝不足に弱く、ソファーでパタ寝してしまうことも度々。そして、山根君並に弱いお腹の持ち主。好物はチョコレートとビール。

 

正直、この同居生活にいつまで耐えられるか不安しかないのが現状。元々、妄想壁が強かったが、近頃、その頻度、傾向はより顕著に。神木隆之介が美容師設定でヘアカットをしてもらう妄想するとHPがかなーり、回復する。

妄想ついでに、もしも義理父が小林薫ならこの同居生活も、あの失言も許せるかもと思う日々。

 

 

 

同居メンバー紹介④

4人目の同居人メンバーは我が家唯一の平成生まれの子ども枠。cyanさん!

扱いが難しくなってきた小学校高学年の女子。滑舌悪いツンデレ猫娘。ゲームやアニメ好き。冷静を装っているが、実はかなりのビビリ屋である。ゲームやアニメ好き。

小1の時、担任に「結婚はしません。一生」と告げ、後日、連絡を受けることに。今もその気持ちに変わりはないようだが、こういう人に限ってあっさり結婚するよねーと母は睨んでいるが、どうでしょう?好きな男子は居ないようだが、好きなタイプはそこまでヤバくない。バンド。ヤバTのこやま氏らしい。

ちなみにあつ森島民ではチーフの部屋(あの部屋ですよ!!)が好きとのこと。予断ですが、もちゃこの最推しはシベ様ことシベリア。ついつい、貢いでしまうのはジュン&リッキーのかっぱらいリス2匹組。

 

時にギスギスする同居生活でのもちゃこのストレスを癒してくれる存在。

 

同居メンバー紹介③

この人が居るから頑張れる!もちゃこの夫、旦那君。

自営業。現在、8割リモートワーク。年齢40代半ば。眼鏡おじさん。歩くの速いため、「ワープしてる?!」疑惑を持たれること多々あり。正義感が強く、頑固者。父であるトミーと衝突が絶えない。もちゃこにとっては、美味しいコーヒーを淹れてくれる優しいワンワン。理由は↓以下に。

まるで犬のようなその容姿から、「もしかして犬なのか?」「いや、犬が転生した感じ?」と我が目を疑いたくなるほど犬っぽい。特に口の辺りが。義理両親との関係においても基本的にもちゃこの味方をしてくれる夫君。ここが唯一の救いかな。

 

おじさん好きなもちゃこなので、夫君が老いていく姿には抵抗はなく、むしろ、「いい感じに熟してきたなぁー」なんてその哀愁漂う背中を眺める日々です。これから、50代、60代が楽しみですなぁ。ぐふふ。

 

同居メンバー紹介②

続いて2人目のメンバーは義理母さーちゃん。

失言多発の義理父をなだめ、支える良き妻。年齢70代。フルタイムで働いていた元ワーキングウーマン。現、退職者。無類のクロスワード好き。

正直、出会った頃は専業主婦だった実母との感覚の違いやキツメの物言いにイラっとしたこともあったけれど、今では良きおばあちゃんとしてその位置を獲得。

トミーと長年連れ添っているだけで、我慢強い人物であることは間違いなし。アイスを食べるその姿の可愛さ故、いつまでも元気で長生きしてほしいと思っています。←これ本心です。

 

 

 

 

 

もっと詳しく同居メンバー紹介①

まず、最初の紹介者はこの方!!

失言多発、「オラの言うことがいつでも正しい」&何故か上から目線の

義理父トミー。70代前半。元大手製薬会社社員。現、退職者。趣味、草引き。世間体を異常に気にする。

この方のデリカシーのない失言の数々がこのブログを始めるきっかけとなったのは言うまでもない。

夫君との交際中、初めて会った時の印象は、ずっと笑顔で良さそうなお父さん。

がーー!しかし、それはトミーの表の顔に過ぎなかったと結婚後に思い知らされることに。

他人だった頃の私は「世間体」に該当する対象者だったので、ええカッコしてたのでしょう。結婚後、「他人枠」を外れた私には裏の顔を容赦なく見せるように・・・。

そして、このトミー、同居1週間目にプチ家出。この話は後日、詳しく書きますね!